ここはミナコイチャットに存在する「この街には『異常者』のみが住む◆成りチャ」のキャラ名簿です

【名前】William Madhatter(ウィリアム・マッドハッター) 【性別】男【種族】帽子屋【年齢】本が出来てから103年【性格】一言で言えば電波。まるで「不思議の国のアリス」に出てきそう。ネズミが大嫌い。やたらと時間を気にしたがり、すぐに懐中時計を取り出す。とんちんかんな事が好き。基本優しく、困っている人には声を掛けるその一方で非常に怒りやすく、怒った所はまるで「人ではない」とか。時々何か怒ったように叫びながら街をふらふらする所をちょくちょく見られてる。かと思えばご機嫌そうに歌っていたり、と思ったら忙しそうに走っていたり。【容姿】長くてゆるゆるっとした白髪の生えた頭に大きなピンクや紫ドット、ストライプ柄の継ぎ接ぎで作られたシルクハットを被っている。甘いピンクの大きなリボンが巻かれていて、「10シリング6ペンス」と書かれた値札も付いている。来ているタキシードも同じくピンクや紫でまとめられており、Yシャツが薄ピンク、ベストが黒に近い紫、ジャケットがピンク。胸元には黒ウサギの首を象ったブローチが付けられている。絶えずぎょろぎょろと青い目玉が動いていて、鼻は鷲鼻ででかい。体が細いぶん頭でっかちな印象。【能力】「MaD aND DEd」ウィリーが怒った時になっちゃう化け物。それは「化け物」であり他の何者でもない。怒りの強さごとにだんだん化け物度増していく。まず目玉が落ちて眼孔から触手、腕が落ちて黒くてどろどろわやわやした化け物の腕、足が腐って粘膜に覆われた醜い足、口から絶えず虫を吐き、最後はお腹が開いて化け物が出てくる。普段ならせいぜい腕までで、それ以上を見た人は誰もいないみたい。腕は弦状に分かれてて絡めたり絞めたり、切ったりできる。目の触手はそれぞれの先に目があるらしく、色んな所が見える。それだけで大して伸びたりもしない。足は両生類の足をごつくしたような。ぬめぬめしてて臭い。口からはゴキとかムカデとかの害虫を吐く。お腹から出てくるものは…誰も知らないが、八本足だとか羽があるとか色んなウワサが。触手はどれもわやわやしてて、鋭利なもので切ると一時的にささーって消えちゃう。しばらくそのままだけどその内戻ってたり。ウィリーが怒ってるほど再生は早いし怒らなくなると再生しなくなる。【sv】「やぁぁぁぁあああ、どぉぉぉぉぉぉしたぁんだぁぁぁああい?」「ご、ぼがっ、ぐ、ぎぃぐげぇぁ!!!ひどい、ひどいなぁあぁあぁぁぁぁぁぁああ!?!?」「書きつけ机とぉぉぉ、カラスはぁぁぁぁぁあ、おぉぉおんなぁぁじさぁぁぁぁ!」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます