ここはミナコイチャットに存在する「この街には『異常者』のみが住む◆成りチャ」のキャラ名簿です

【名前】星見 志穂(ほしの しほ) 16歳 女 【種族】人間(っぽい何か)【性格】自分の感情は普通にあるが、他人の感情を全く理解できない。相手が痛みに苦しもうが幸せに包まれていようが自分にはそれが共感どころかその事すら認知できない。本人の性格は明るめの普通な少女だが、自分の部屋には寝具や衣類の他には何も置かれていない。かなり重度の幻痛持ちで、ほぼ常にと言っていいほど腕を捻切られるような痛みに襲われているが、それを表に出すことはない。本人はそれについて慣れだと言っている。【容姿】幼い頃に受けた、幻痛の原因にもなったストレスと、それからの幻痛自体のストレスなどの影響で、白髪がほとんどの髪で、それらは肩の上辺りのところで切られている。目の色は日本人らしく黒で、特別とまではいかなくとも整った顔立ちをしている。服装はシャツにジーンズなど動きやすいものを身に付けていて、それらは同じものを何セットも持っているためいつも同じ服装に見える。身長は158cmで、全体的に(胸も)細身で、すらっとしている。悪く言えば貧乳。【備考】小さい頃、苛めにあっていたが、本人は彼らの心理を理解できずトラブルを起こしそれらは悪化していった。家でも親から虐待を受けていたため常に彼女は精神的にすり減っていた。その影響から精神の分裂やそれの強制的な統合など、様々な負荷がかかり、今では耐えることのない幻痛が彼女を襲うことになった。【備考2】他人の感情という縛りを良くも悪くも受けないため、突飛な言動に出ることが度々ある。例えば、手の甲にナイフを突き刺したりなど。恋愛に関しては、そもそも相手が自分に恋愛感情を抱いていることを認知するのがかなり厳しいので、現状成立したことはない。本人は恋愛というものに興味を持ち、憧れてはいる。【能力】自分が感じている幻痛を、相手にも強制的に共有させられる。ただし、物理的な痛みなどは無効である。【sv】「星見 志穂、上から読んでも下から読んでも」「なにその顔、どういう感情?」「燃えるような、いや燃えなくてもいいから、恋っていうものを一度してみたいよね」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます