ここはミナコイチャットに存在する「この街には『異常者』のみが住む◆成りチャ」のキャラ名簿です

【名前】レッドフィールド【性別】男【年齢】68歳【種族】人間【性格】どんな存在も自分の前では皆平等精神を持つ。相手神であろうとタメで喋るくらいには図太い精神を持つ。優しく、厳しい男でもある【容姿】カウボーイハットを被り、長い髭を生やした大男。服装もカウボーイのような服を着ており、たばこ、葉巻を愛用しているため、たばこを入れるための専用のショルダーを肩からかけている。腰にはホルスター有り。左目に大きな切り傷があり、頬は大火傷の跡がある【能力】鷹の眼 ホークアイ。と彼は呼んでいる。鷹のように遠くを見渡せ、一挙一動を細かく見れる能力。それ以外の特徴はない 死の魔弾 デッドマグナムと彼は呼んでいる。相手を必ず撃ち抜くという結果を込めた弾丸を撃つことのできる能力。これを使用するには専用の銃に専用の弾が必要で、弾の素材が難易度高かったりするせいでポンポン使えない。本人もとんでもない時、追い詰められたとき以外には使わない【備考】伝説のガンマンで、元保安官。どんな相手も殺してダウンさせてきた。銃を撃つ前には必ず鼻唄を歌うので、鼻唄の死神とも呼ばれていた。彼は幾人もの悪を裁いたが、ある悪い大統領を射殺したことにより国から出された 【備考】彼は彼の信じる正義の元に動いており、信念は曲げない。なので、殺しも厭わない。それだけならただの暗殺者に近いだの男だが、この男は異常であった。銃を舐めて感覚をつかみ、銃を食べてどんな人間に使われてきたかを感じとる。そんな才能を持っていた。ぶちギレると言動が荒々しくなり、暴力的になる。機械の存在には並々ならぬ執着を持っていて、機械が嫌いである。それゆえに機械音痴である【備考】愛銃の名前は「キルディッグ」と「デビソン」の二つ。そして、特別な銃の名前は「クーホリン」2丁拳銃や早打ち、抜き打ち、その他諸々と彼自信のガンマンとしてのうでは高い。目をつぶりながらでも鹿を狩れる。と本人は豪語している【sv】「伝説のガンマン。レッドフィールドだ。」「神だろうがなんだろうが俺の前では平等よ」「ふぅ〜……仕事終わりの一服はうまいねぇ」「この!くそ機械が!てめぇらなんか!嫌いなんだよボケが!」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます