ここはミナコイチャットに存在する「この街には『異常者』のみが住む◆成りチャ」のキャラ名簿です

【名前】マスケラ(エズルタンツァ・ライアー) 【種族】人間 【性別】男 【年齢】26 【容姿】ハネ気味の茶色くふわっとした髪にこげ茶の毛束が3本。下半分が割れ口元が露出した仮面を常に付けており、人前で外す事はほとんどない。黒Tに暗いカーキのキャンプ用品っぽいズボン。裾に血が?気のせい気のせい。わりと筋肉質な体つきをしておりかなりの力持ちで身軽。純粋に運動神経が良い。身振り手振りが大きく、いかにも道化師。常に怪我をしていて、首と左手首は常に包帯を巻いている。が、完治しない間にまた怪我をするため生傷が耐えない。身長170cm。【性格】多重人格。それぞれの人格に共通して言えるのはどこか狂気的である事。 「喜」彼の主人格。人を喜ばせる事に喜びを感じる。一番道化師として適している。 「怒」喧嘩っぱやくて衝動的な面が目立つ。言葉遣いも乱暴で非常に暴力的。自身が多重人格であることを唯一知っている。 「哀」自身を嘆き他者を嘆く。自殺愛好者で喉を掻っ切り噴き出す血を眺める事を愛する。 「楽」相手が楽しみとしている事を自分もしたがる。楽しくなりたいから。楽しくなければまた楽しさを求める。楽しくても楽しさを求める。「狂」殺戮と戦闘、狂乱を何より好む人格。彼であり彼ではない。彼の人格においてこの人格が締める割合は徐々に大きくなっていっている。【能力】「Prestigio」(プレスティージオ) 触れた物を自在に変化させる事が出来る。ただし変化させるには強いイメージや詳細な知識が必要。 「人体切断ショー」関節へのダメージを無効化する。切り落としてもくっつく。ただの傷は修復スピードも一般と変わらず、血も同じ量流れるがそれによる身体、生命への影響は無い。 【武器】斧や両刃剣などの重たいものとナイフを好む。よく使うのは林業用の斧。 【SV】「君が喜ぶ事こそぼくの喜びさ!」「あァ?お前バカにしてンだろォ?」「嗚呼、嗚呼、嗚呼!!僕の生きる意味とは?君は何故ここに立っている!?」「あーあ、僕を楽しませてはくれないかい?タイクツでタイクツで死にそうなのさ。」「いい夜だ!満月に雲1つ無い空。赤い星があれば最高!」
【名前】ジュッラーレ・ロッサ 【種族】人間 【性別】男 【年齢】26 【容姿】ハネ気味の茶色くふわっとした髪に焦げ茶の毛束が3本。黄色い目。下半分が割れ口元が露出した仮面を常に付けており、人前で外すことはほとんどない。黒Tに暗いカーキ色のキャンプ用品っぽいズボン。裾に血が?気のせい気のせい。わりと筋肉質な体つきをしておりかなりの力持ちで身軽。純粋に運動神経が良い。身振り手振りが大きくいかにも道化師。身長170cm。 【性格】殺戮と戦闘、そして狂乱を何より好む。正直言ってキチガイ。頭がどうかしている。おかしい。末期。あぶない。危険。近付かない方が良い。殺しこそが最高の快楽であり生きる意味。狂乱を常に求めている。【能力】 「Prestigio」(プレスティージオ) 触れた物を自在に変化させる事が出来る。ただし変化させるには強いイメージや詳細な知識が必要。 「人体切断ショー」関節へのダメージを無効化する。切り落としてもくっつく。ただの傷は一般と変わらず、血も同じ量流れるがそれによる身体、生命へのダメージはない。 【武器】斧や両刃剣などの重たいものとナイフを好む。よく使うのは林業用の斧。 【SV】「君、ぼくと戦ってくれないかい?」「あぁ、嬉しいなあ、殺しちゃいたい!!www」 【備考】お察しの通りジュッラーレとマスケラは同一人物である。しかしジュッラーレ以下四人の彼らの記憶は共有されないため、他の人格が起こした事に関しては何も知らない。残るのは相当心に残るような出来事のみ。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます