ここはミナコイチャットに存在する「この街には『異常者』のみが住む◆成りチャ」のキャラ名簿です

【名前】プラエドー【性別】男 【年齢】忘れた【種族】悪魔【性格】独占欲が強く狡猾。かなり自分勝手で悪口もかなり言う。しかもあまりにも気に食わないことがあると暴れる始末。カッコイイと思うもの、事柄や最初と言ったものなんかを好む。初めては一度手に入れたら誰にも盗めないからなんだとか。初めてに対してちょっとばかし興奮する様なのでやっぱり危ない人なのかもしれない。ヘビースモーカーでしょっちゅう葉巻から何から吸っている。ただし自分のものは綺麗に手入れするし大事にするので下僕からの評判だけは良い。強欲な性格だが、全て欲しいのではなくて気になったものが欲しいのだという(本人によるとここ大事、との事)。一方、全てが欲しいと語る事の多い同僚達を「ウロボロスの龍と同じだ」と見下している。 【容姿】全身が包帯に巻かれている。目と口の周りと頭の右上、顔の四分の一程だけ包帯が巻かれておらず、そこから覗くのは褐色の肌に焦げ茶の瞳。スキンヘッドで、頭の右上側面には変わった模様の黒の大きなタトゥーがある。焦げ茶色の尖った翼を持っている。 羽と唇にそれぞれ二つのピアスをしている。羽の方は輪で、唇の方は刺すだけのもの。普段は出さないようにしているが、感情の昂った時などは太い緑色に赤の線の入った尾が出る。一つ目の能力を使った時だけ白の部分が黒に変わり反転目になる。服装は首元に尖ったふわふわのついた黒のライダーズジャケットに黒と黄色のボーダーのシャツ。かなりごつくて青いカーゴパンツを履いている。【能力】『オレのもんだ、触んじゃねぇよ「Don't touch mine」』自分が触った物や生き物を自分以外が触れられないようにする能力。間接的に触ることも不可能(例えば、剣を持って斬りかかろうとしても剣を媒介に触れる事と同義なので無理。銃も弾丸が触る判定になるので無理)ただし、自分自身や自分で今手にしていて使用しているものには使えない。また、気に入りもしていないものには使えない。【能力2】『悪魔の七つ道具』7種類の武器を自在に出せる能力。凄くカッコイイ名前だが、実際には武器自体は大金叩いて人間に造らせたもので、彼自身の能力は「所有物と決めたものを好きに出し入れすることが出来る」というもの。しまったり出したりは瞬間ではできず、武器を変える時は武器を一旦しまってから呪文を唱える必要があるので2ロルかかる。しまうのはすぐに出来る。最初に出すのにもやっぱり呪文が必要で2ロルかかる。呪文は武器ごとに違うもの。『1.揺らぐ感情蛇腹剣』刀身が微かに赤く、刃が10程度に数珠状に繋がっていて、自在に操ることの出来る蛇腹剣。正確には全て中にワイヤーが入っており、1つに繋がっているので、刃の塊をバラバラに分解することは出来ない。もちろん、普通の剣のように使うこともできるし、相手に巻き付けて縛り付ける使い方もできる。柄は赤の装飾が施されている。呪文は「『私は彼を愛してる』『僕は彼女を愛してる』世迷い言はいい加減にしておくんだなぁ。愛なんて所詮利害、情なんて自分中心の世界にしかねぇんだ(1ロル)くっついては離れてまた近寄るおままごとは楽しいか?そんなの通用すんの餓鬼だけだぞ?どうせ揺らぐもんに惑わされるのは馬鹿馬鹿しい。なら全部斬り裂いてやる。揺れる感情蛇腹剣(2ロル)」『2.人造聖なる剣』レーザーソード。刀身は黄色で斬れ味はかなり良い。柄に普段は蓋を付けているもののボタンがついており、押すと刀身が出る仕掛け。実は長時間物に接触することが苦手なため、鍔迫り合いなどができない。やっている間に刀身が消えてしまう。呪文は「人は言ったな、聖なる力が我らを救うんだとよ。魔物は聖なる力がこの身を焼き尽くすなんてほざきやがる。世も末ってやつだ。だがよぉ、悪しき魔の俺様が思うに(1ロル)光り輝く力を聖なる力とするならよ、人の作った光り輝く剣も聖なる剣ってやつだろ?けど人は神なんかじゃねぇ、そんなもんは居ねぇ。だから俺様の持論だ、聖(ひじり)なんてもんはねぇ!人造聖なる剣(2ロル)」 『3.夢魔の真似事デスサイス』紫色の大きな鎌。鎌を4回振るうと紫電が鎌全体に巡り、紫の煙を出すことが特徴。煙を少しでも吸った人は何らかの幻覚によって(例:プラエドーの後ろに化け物が見える、等)プラエドーに本能的な恐怖を感じるようになる。怯える、という感情の無い者にはプラエドーに憎悪を感じる幻覚を見る(例:恨みのある相手、等)ようになる。なお、軽く振っただけだと判定にならないためすぐに紫の煙を出すことは無理。 呪文は「俺様に怯えろ、嫌悪を抱け。常を惑わして枕元に立つ夢魔みてぇにに俺様は佇んでやる(1ロル)そして俺様の姿に怯えて、正気を放して俺様に食われやがれ。俺様はあくまで色じゃねぇ、欲する強欲だ。全てを欲するのは三下の仕事。ただその命が俺様は欲しい。夢魔の真似事、デスサイズ(2ロル)」『4.戒律壊す戦斧』重厚感があり、刃と柄の接合部分に線が入り、光っている等メカメカしい見た目の戦斧。柄と光は青色。スイッチを入れると、刃の部分が真っ直ぐに回転しながら飛んでいく。磁石の仕掛けがあるとのことで、ちゃんと元の柄に戻るようにできている。また、ある程度の時間(3ロル)刃を飛ばさずに電力をチャージすると、少しの間(1ロル)電撃を刃の上の方から放射線上に五、六本放つことが出来る。電撃の色は青。呪文は「おーおー?馬鹿みてぇだな、いつまでも意味のねぇ規則にお前は縛られるんだ?そんなもん人間が勝手に決めただけだろ(1ロル)だけどよ、人間だって所詮生き物、獣じゃねぇか。自分の欲通り、本能の通りに生きるのが正しい。お前はそう思わねぇか?なら俺様が全部壊しといてやるよ。戒律壊す戦斧(2ロル)」『5.覇者の風格マスケット』金を中心とした重厚感のある見た目で、自身の体近くの大きさのあるマスケット。下に金属扮を練りこんだ布で作られた玉入れ付き。貫通力がとても高く、金属武器や肉体など大抵のものは貫通していく。しかし撃つ度に「1d2」をして、2だった場合は確定で外す。1の場合も確定という訳では無いのでそこら辺は背後の判断でお願いしたい。散弾も使うことが出来、それは逆に貫通力が低い。ただし、この時は「1d2」の必要が無い。弾は無くなりはするものの、所持数が多いので、使い切る事は多分無い。外しやすいことも含めて操作が大変なようで、疲れてきたりするとほとんど使わなくなる。「徳なんてもんが俺様にあるわきゃねーだろ。だがよぉ、俺様には力がある。力ずくでも欲しいもんは奪い取ってでも手に入れるのが俺様の流儀(1ロル)覇者の俺様に目を付けられた時点で自分の不運でも呪っておきなぁ!欲しいもんが治世の世なら夢の中にでも堕ちなぁ!じわじわ嬲ってやるから俺様の前にひれ伏しやがれ。覇者の風格、マスケット(2ロル)」『6.裂かぬもの無きガントレット』両手の全体を覆う真っ赤で大きなガントレット。手の甲には大きな赤い石が埋まっている。片手だけでも使用可能。指先が尖っていて、手のひらの部分には穴が空いている。そこから赤い石に電流を巡らすことで電磁砲を放つ事が可能。ただし、放つ時は衝撃が大きいので立ち止まる必要がある。指先には刃が埋め込まれているので、切り裂かれるだけでもかなりのダメージ。また、レバーを引くと鉤爪にもなる。その時は電磁砲にはできない。呪文は「切り裂け願いを、切り裂け情を!余計なもんはさっさとここに置いていこうぜぇ?俺様が全部切ってやる、安心して寝っ転がれよ(1ロル)最も寝っ転がってたら寝首も欠けるけどよォ!俺様が全部やっといてやる。俺様優しいな。裂かぬものなきガントレット!(2ロル)」『7.打ち出の小槌』木と紅白の布でできた小槌。これだけは他の武器の中でも異色を放つ。そもそも武器なのかも怪しい。人間に作らせたものではなく、他の悪魔から強奪してきた代物。本来は何かを殴る事で殴った者の望む物を何でも出す小槌なのだが、勝手に改造して「何かを殴ることで殴ったものを財宝に変えてしまう」小槌と化してしまった。ただし、生き物は殴れない。死体は殴れる(既に生きてはいないから)ので殴ろうとして方々に怒られた事はある。ついでに取られた悪魔はかなり高位だったが下の方に落とされたらしい。酷い。呪文は「てめーは俺様の道具だ、俺様の好きな様に好きな時に財を出せ。血濡れの富で俺様は悪魔を楽しむんだからよぉ(1ロル)もっとだ、もっと財を出せ、俺様は強欲の悪魔、強欲の切望を叶えて魂喰えるぐれぇの財を寄越せ、全部俺様が好きに使ってやる。打ち出の小槌よぉ!(2ロル)」 【備考】手下として3匹の小悪魔を連れている。彼らは全員悪魔の所有物なのだという。また、のことを「ボス」と呼んでいる。名前は『イドゥ』赤く「〜だぜ」が口癖の3匹のリーダー。一番喋る。手に針を持っている。一寸法師的な。[傲慢]の悪魔。「俺はイドゥ。こう見えてボスの次に偉いんだぜ!」『アン』青色で策謀家。悪魔らしく腹は黒いがプラエドーへの忠誠心もピカイチ。激情家で怒らせると面倒らしい。頭から一本三つ編みが垂れている。尾がフォークみたいな形で細い。手に小型のトライデントを持ってる。[嫉妬]の悪魔。「…羨ましいわ、妬ましいわ……こうしちゃえば良いのよ」『ジャ』黄色で語尾に「っち」がつくのが特徴。3匹の中では一番太い。面倒くさがりで合いの手担当で太鼓持ち。いつも木槌を持ってる。一番の力持ち。一番太い尾を持ってる。[怠惰]の悪魔。「おいらも賛成するっち」ついでに小悪魔は特に何も出来ない。ただし手のひらサイズで小さいので狭いところに入れたりはする。翼があるから飛べもする。 【備考2】欲しいものは強盗をしてでも倫理に反していようともどんな手を使ってでも手に入れる強欲さを持つ『強欲』の悪魔。自分の欲望にどこまでも忠実であり、欲望の通りに動いている。高位の悪魔で悪魔達の中では強い。一番かどうかとかはあまり競う事に興味が無いので知らない。そんなのより誰もやっていない事を、って事で他の悪魔から武器やら手下を奪ってしまった。誰もやってなかったらしい。奪った悪魔達がイドゥ、アン、ジャの3匹。何が気に入ったのかは絶対に言う気がない。他にも自分の一部を引き換えに訳のわからない存在と契約を交わすなど、普通悪魔でも嫌がることを平気でしていたりする問題児。 【sv】「なんだ、俺様に楯突こうとはいい度胸してんじゃねぇか」「全部欲しいだ?ハッ!てめー馬鹿じゃねぇの?あ''?理由くらい自分で考えろよ。そんな脳みそもねぇ奴は要らねぇ」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます