ここはミナコイチャットに存在する「この街には『異常者』のみが住む◆成りチャ」のキャラ名簿です

【名前】シア 【性別】男 【年齢】??? 【種族】キョンシー 【性格】臆病で諦めやすいネガティブな性格。毎日自由気ままにそこら中をさまよっていて、行動や思想を何かに妨害されたり邪魔されるのを嫌う。その見た目から少年のような幼い印象を持たれるが、意外と大人びている。それでも発言や行動の所々から生前の子供らしさがちらちらと見え隠れ…。年上が好みで、反対に年下は苦手。正直に言えば年上年下関係なく人付き合いが苦手。人と深く付き合う事は裏切られそうで恨まれそうで恐いが一人でいるのも孤独で不安で怖い。 【異常】慢性的な嗜虐中毒。ドMという訳では無いのだけれど、人から酷い目に合わないと安心出来ない。いくら幸せの絶頂に居たとしても、暫くすると罰せられたり不当な暴力を振るわれたりしないと恐ろしくて不安で夜も眠れなくなる。痛いのは嫌いだが嬲られたりすると苦痛と共に安心感を得る。酷い目(18G)も酷い目(意味深)もOKです。【容姿】顔色が悪いってレベルじゃねえ白い肌。暗い紫の髪を伸ばしっぱなしにしていて、肩より下ぐらいまで伸びているのを簡単に下の方で括っている。前髪はとても長く瞳が隠れるほどのぱっつん気味、いわゆるメカクレ。黒のジト目が前髪の隙間から時々ちらちらと見える。アニメや映画によくあるような黒を主体としたキョンシー風の帽子と服、ベージュの透けているくるぶしまでのズボン、黒の靴。帽子に貼られた札には適当な模様と「炭火焼肉」「塩茹枝豆」などの四字熟語(?)が描かれている。ショタ。 【体質】目がキョンシーになってとても悪くなる、というか機能が上手く働かなくなっていて殆ど何も見えないため、前髪が目まで伸びていようと気にしていない。目が見えない分周囲を聴力や肌に感じる空気の動き、触覚などで判断出来るようになっている。死体を無理矢理動かしているため身体は硬く冷たく、血は抜けて通っていない。ほんのりと身体や服から死臭が漂うものの全身にさりげなく付けている香水で誤魔化している。夜行性。 【備考】不老ではあるが不死ではない。そもそも死体を呪いとかで動かしてるだけですしね。物を食べたり飲んだりしても腹が膨れる事無く、暫くして咀嚼されたバラバラの姿のまま口から出てくる。最初は辛かったものの、段々慣れてきていて今ではちょっとした快感なんだとか。 【イメソン】下手な嘘をつかないで 【sv】一人称は[ボク]。「……すること、無いですねぇ。ここら辺はもう歩いた…はずだし。」「あ?だれですか…オマエ、?お金を返して欲しい?ボク借りた覚えなんて無いんですけど、…まーいいや。どうぞ、全財産です」「アイスクリーム…?えっ、何これ!?ひ、冷たっ…うわ、わ、…!ボク、こんなの初めて食べた…!」「……話すの、苦手、なんですけど…。」「っげほ、ぉ゛え!っは、はあ…は……よかった、…。」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます