ここはミナコイチャットに存在する「この街には『異常者』のみが住む◆成りチャ」のキャラ名簿です

【名前】アイルエルン・ロザリオ【性別】男 【種族】亜人(人狼)【性格】短い白髪に、白い耳。モフモフの尻尾を服の中に隠し持つ。青い瞳と普段は隠れている紅い瞳を持つ。紅い瞳は主を守る時に開眼する。執事服とは少し違う、白い服に包まれており、一目で従者と分かる。全体的に白いので遠目から見れば毛玉。【性格】無表情で感情の起伏が少ないが、内心ではしっかり反応している。ただそれを表に出すのが苦手。未知の言語を喋り、主以外には全くと言っていいほど言葉を発さない。が、認めた人には少し喋るし、尻尾や耳を触らせる。触られるのは好きらしいが、やたらめったら触られると嫌がる。異常性は『忠誠』。主の為なら何でも行い、主以外の命令は利かない。アイルエルンが人生は全て主の為にある。【能力】『人は化け物には勝ち得ない(Monstrum698)』(己の状態を塗り替え、身体能力を強化する能力。身体能力とはそれそのままの単純だけではなく、敢えて言うのなら視力や嗅覚なども強化できる。一点集中も可能であり、例えば視力を機わせれば疑似的な未来予知まで可能となる。他人の許可を得ているのなら、ある程度他人にも使用可能) 『空虚を埋める者(Vanitas)』(硬雷の剣(カラドボルグ)と輝きの剣(クラウ・ソラス)、ケルト神話に登場する二剣を操る能力。〚硬雷の剣(カラドボルグ)〛:カラドボルグは「硬い稲妻」の意味を持つ、ケルト神話の剣。それ故に「硬雷の剣」は発電能力を持つ上に生成した雷に「硬度」を持たせることが出来る。あくまで「硬度のみ」で重量はなく、副効果で形状も自由自在。 また、「カラドボルグをふるって三つの丘の頂を切り落とした」ことから硬度を付与した雷を飛ばすことも可能。〚輝きの剣(クラウ・ソラウ)〛:「抜き放てば光を放つ」という逸話を突き詰めて制作された、目潰しと照明を兼ねた武器。光の為斬撃的な効力は持っておらず、熱量でしか攻撃できない。かなり光量は強く、半径およそ6キロを閃光が襲う。が、一番被害を受けるのはアイルエルンであるが、そこは一つ目の能力によって目を強化することにより防いでいる。また、この能力の真価『主を守る』ことであり、この二つの武器は主には効力が及ばず、主がピンチの時には瞬間移動も可能にする)【備考】主、又は親しい人には『アイ』、『アイル』と呼ばれる。基本的に自分からは戦闘を仕掛けず、相手から攻撃されたときのみ反撃する。また、主と共に居た外の町から逃げてきた。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます