ここはミナコイチャットに存在する「この街には『異常者』のみが住む◆成りチャ」のキャラ名簿です

【名前】アーサー・オールディス【種族】人間 【性別】男【年齢】23(年数的には120ちょっと)【容姿】さらさらとした金色のわりと短めの髪に黄緑色の穏やかそうな(そうな)目。基本ぴしりと整えられたスーツで、靴は革靴。存在が不安定で、常に切れ掛けの電球のようにぱちぱち消えたり、霧状になったりしている。身長160cmとはっきり言ってチビだが、ゆったりとして堂々とした、どこか余裕ありげな雰囲気。【性格】おっとりしていて穏やか。とっても紳士。わりと人見知り(?)でもあるようで、対人関係は表面上の付き合いを好む。普段はそんな感じで良い人だけど、嫌いな人となると一転、辛辣な言葉を投げ付けたり、パイ生地を投げ付けたり、ポストに大量の画鋲入れたりととにかく非道。そしてえげつない。「仕返しは100倍、そしてスマートに」がモットーで、とっても爽やかな笑顔で嫌がらせをしてきます。他にも普段から嫌味とか皮肉とか言ったり、黒と白がなんかえぐい人。【能力】「GhOst」彼の周りには沢山の霊も寄ってきます。その中には当然怨霊や悪霊もいるわけです。そんな霊の怨念やらの負の感情が具現化したものを操ります。とにかく強いです。聖職者にも効きはしますが、浄化やお祓いを受けてしまうと力は弱まります。 「今日は良い天気ですね」自分から半径400mの天候を操る。ぶっちゃけ使えないが本人は気に入っている模様。【武器】紳士は武器なんて使わn((( 「エンフォード・リボルバー」とかいう拳銃とよく研いである細身のナイフ一本はいつも持ってる。【異常】元々存在が不安定な状態で生まれてきたアーサーさん。そんな彼にはずっと抱いている疑問がありました。『私とは?』どこかから吹き込むすきま風の正体でした。日々自身の存在について考え、他人にもそれを問う。すきま風が吹かなくなる日はくるのでしょうか?【備考】妖精さんやらの類いが見えるのは、自分と同じくこの世において存在が不安定な者どうしだから。見た目が年を取らないのは時間流においてもやっぱりその存在が不安定だから。そんな感じで常に沢山の気配連れてる。霊感強い人とかには見えます。 あと酒癖悪い。料理下っ手くそ。猫派。紅茶が無いと死ぬ()【SV】「私は今、どのような存在としてここに立っているのでしょうか?」「Good afternoon. 調子はどうです?」「メアリー、紅茶を一杯。」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます